MARUBON BLOG

はい!ホーチャンミこと宮澤美保ちゃんからバトンを受け取りました八木さおりです。

いや〜熱〜いブログでしたね、ホーチャンミ‼︎

そんな流れを受けて私も皆様にご報告がございます。

私、結婚いたしました。

ん?んんん?いやこれがね、本当なんです。結婚一年が経ちました。隠していたわけではないんですが、タイミングを逃しましてどうせならマルボンブログでご報告をしたいなと思い順番が来るのを待っておりました。とはいえ、あんまりまだ実感わかないんですよね。まあ、取っておいたお菓子やビールが気がつくとなくなっていて、ああ結婚したんだなあと思うわけです。

このお仕事をしていると結婚前にウェディングドレスを着ると婚期が遅れると言われます。初めての時代劇では白無垢を着たし、昼ドラでもドレスを着て、記憶の新しいところですと「NO  SURPRISE,NO LIFE!」の花嫁姿を見た母は「これで思い残すことないわあ」と言わせてしまったんですが、やっとちゃんと見せることが出来てホッとしています。

そんなマルボンはおめでた続き。さあ次は誰かなあ?

ではこのへんで次に吉田雄樹にバトンを渡したいと思います。ユウキ、2016マルボンブログを華麗で壮大に締めくくっておくれ‼︎

 

 

 

ギューちゃんこと松坂早苗さんからバトンを受け取りました、このブログでは初めましての宮澤美保(ほーちゃんみ)です。

えっと…まず、
ギューちゃんの中の私のイメージ、
花柄の洋食器でクイーンメアリーを飲む??
どういう事かわからなかったので検索してみました。

あぁ、紅茶のことね、、、

そう言えば先日、ギューちゃんから、マリーアントワネット展の招待券をもらいました。「なんか、ほーちゃんみの気分かな〜と思って」と。
マリーアントワネットってどんな人だったっけ?と思い検索してみました。

あぁ、フランス王妃、、、

ってさ、ギューちゃんの中の私のイメージ、一体どうなっちゃってるの??

あぁ、恐ろしく間違っているよ、、、

どうしよう…
近所のスーパー4軒をハシゴする主婦だなんて言えない…

もう言っちゃったけど。

あ、そうなんです!
じつは私、この夏から兼業主婦になったんです。
毎日ご飯も作ってます。
毎日ではないけど、お弁当だって作ってるんですよ。
意外でしょ?

そんな新しい生活の中で、いま私がハマっているものをご紹介しましょう。img_2720

サーモスです!
左から、水筒、お弁当箱、フードコンテナー。


初めて暖かい飲みものをこれに入れて飲んだ時の感動は忘れられません。
冷めなさ過ぎてヤケドするほどです。
以来すっかりトリコになってしまいました。

あぁ、その熱さはまるで私達夫婦のよう、、、

おっと、うっかりノロけてしまいました(๑˃̵ᴗ˂̵)

ヒンシュクを買いそうなので、この辺で次の方にバトンタッチします。

八木さおりさんです。
さおちゃんとは十数年の長い付き合いですが、昔からなんか同士みたいな気分でいます。
頼れるお姉さんです。

それではさおちゃん、熱〜い話をお願いします!!

もう年の瀬だってのに、この陽気。
みなさま、お元気にお過ごしでしょうか?

素敵…女子………の、代表………???
藤沢さん????

………ありがとう。
生まれて初めてそんなお言葉いただいたよ。

小田原在住の松坂です。よろしくお願いします。

小さい頃は、30歳過ぎたら
なんの努力もしなくとも勝手に
しっとりとした色気のある、
美しい日本語を話す女性になれるんじゃないかと
思っていた頃がありました。

びっくりするくらい、その想像とかけ離れた現在の自分です。

でも、少しは素敵女子っぽいことをしてみたくて

最近はいろんなチャレンジしてみております。

★ベーグルを焼いた。
レシピには書いてない粉を突然混ぜてモッサモサになった。おしゃれ。

★イカを捌いてみた。
ダイオウイカの番組を見ながら、イカを食べてた八木さおりパイセンに憧れて。おしゃれ。

★肉まんを作った。
ひき肉の量に合わせて材料を増やした結果16個も出来、食卓が肉まんテロになった。おしゃれ。

★モダンガールなヘアセットを頼んだ。
ネットドラマで見ていたイギリス貴族の髪型みたいにしたくて美容室でオーダーしたら、韓流ドラマの意思悪な叔母さんみたいに仕上がった。顔の素材が違った。おしゃれ。

★12月23日、普段着で表参道に出かけた。
小田原の普段着(上下スウェット素材)でウロウロしてたけど、着飾った男女が主に闊歩するイブ直前の表参道では、逆に挑戦者感が半端なかった。
おしゃれ。

 

………わあ、おしゃれな生活。
そのうち『おしゃれ』という単語に土下座する日が来るかもしれないけれど
その日まではこのままおしゃれに暮らしていきたいと思います。

 

あ、そうだ。
CMに出させていただきました。
こちらは正真正銘のおしゃれなカフェで撮影させていただいた、
プロがおしゃれにしてくださった松坂が見れます。

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_cleandental/contents/cm.htm

 

と、いうわけで
次は今年とにかく素敵に活躍なさってた、
本物の素敵女子、ほーちゃんみこと宮澤美保さんです。

私の中で彼女は、花柄の洋食器でクイーンメアリーなんかを
お茶の時間に飲むんです。(姫川亜弓さんライクに)
だよね?ね、そーだよね?

座長にブログのバトンを渡されてから早一週間。

 

今年が終わるまでも早一週間。。。切ってますな、うむ。

 

タイでは生まれた曜日によって神様が違うんですって。

 

その中でも水曜日だけは、もーーホント最悪らしく、何としてでも水曜日には産まないよう調整するくらい最悪なんだとか。

 

こんにちは、お久しぶりです、水曜日生まれの藤沢実穂です。

 

知らないでもいいことってあるよねーあるよねー。

 

そして、この事実を知らず、このブログを読んでしまった水曜日生まれの皆様をも巻き込んでやりました、ふはははは。

 

あぁ、今年も終わりますねー

 

SMAPも解散するんですねー

 

ファンではないけれども、

 

やっぱり以前はスマスマ見てたなぁー

 

さっきまでスマスマの最終回をチラチラ見ていましたが、

 

かっこいいですね、やっぱり。

 

そして、楽しかった。

 

SMAP解散なんて考えても無かったけれど、

 

諸行無常ですなぁ。

 

いなくならないと思ってても、

 

なくなっちゃうんだもんなぁ。

 

寂しいですな。

 

そう、

 

いつまでもあると思うな親と金。

 

これ、意味違うか。

 

なくならないものなんかないんだ。

 

だから、

 

マルボンの公演、観ておきません?

 

ちょっと無理くり繋げてみた!(笑)

 

2017年2月に公演があります。

 

もう、稽古始まっています。

 

大切な人をもっと大切にしたくなる、

 

そんな作品です。

 

飲みながら勢いで書くなと座長からの教えでしたが、

 

飲んでもなく、勢いもなく、やっぱりダラダラ書いてしまった。

 

文章って書くの難しいよねーヾ(◍’౪`◍)ノ゙

 

顔文字で誤魔化してみました。

 

さぁ、お次の方は、

 

ウィットなジョークに富み、素敵女子の代表、ぎゅうさんこと、

 

松坂早苗さんでーす!

 

ぎゅうさん、お元気ですかーーー??


すごいなぁ、鹿島アントラーズ。クラブW杯決勝って。レアル・マドリード相手に一旦リードするって。延長入るって。

あ、ども。福島三郎です。

いまですね、ロナウドが2発決めちゃって、気持ちが落ち着いたのでスマホを手にしてこんな行動を起こしているわけですけれども。
ここまでのちょっとした時間、僕は「奇跡」っていうやつの本質というか、それってなに?っていうか、いったいなんなの?っていうか、、
そういうことを考えていたのです。

僕、中学高校とサッカー部でした。もう30年ほど昔の話にはなっちゃいますけど。むろん、プロサッカーもない時代。
テレビでトヨタカップでとんでもない人たちのサッカーを見て、、当たり前だけど、そんなサッカーと自分たちがやってるサッカーは繋がっていなかったわけで。
それがね。年月が経って。日本にプロリーグできて。W杯に出るようになっちゃって。
いや、でもやっぱりクラブチームのサッカーだけはまだまだ別次元、って思ってたらこんなことやらかしちゃって。
「奇跡」。
そんなこと、簡単に言っちゃって。

あ、いまわかった。
多分、僕はいま目にしている鹿島アントラーズの起こしていることを「奇跡」だと言うことが嫌なんだな。違和感を感じてるんだ、うん。
なぜなら、こういうことを起こしてもおかしくない時間と労力を費やしている人たちの結果だから。
いや、それでも凄い、むちゃくちゃ大変なことをしていると思ってますよ?
でも、先月呼び集められた素人のサッカー同好会が1ヶ月猛特訓してレアル・マドリードと戦ってるわけじゃないし。それでこの試合は「奇跡」だと認めるけど。

あ、負けましたね、鹿島。
…そりゃそうですよ、負けますよ。
でも、なんだろ。勝てたかもしれない、なんて1ミリでも思わせてくれたって凄いな、ホント。

さてさて、話もどして。
今回のクラブW杯で鹿島アントラーズが起こしてくれたことを「奇跡」というなら、やっぱ「奇跡」を起こすにはむちゃくちゃな努力を重ねて、それ相応の時間も費やさないといかんのではないか、と思ったわけです。

丸福ボンバーズが演劇界で「奇跡」を起こすためには、そういったことが必要になるわけです。
なんてなことを、いまのサッカー見てたちょっとした時間、考えちゃったわけです。

さてと。
あとは、丸福ボンバーズは「奇跡」を起こしたいのかそうでもないのか、ってことを考えよっと。そもそも、演劇界の「奇跡」ってなに?ってとこからかな。

 

いやぁ、なんだかどーーでもいいこと、長々と垂れ流しちゃいましたね。
サッカー興味ない人、ゴメンなさいでした、ホントに。
えっと、次は、藤沢さんですかね。

飲みながらテレビ見て、その勢いでスマホ持つとこんなブログ書いちゃうから、気をつけてね!