マルボンでは、一緒に舞台を創る仲間のことを「ボンバー」と呼びます。

その関わり方によって細かい呼び方は変わりますが、
基本的には全員同じ立場で、ひとつひとつの作品を創っていきます。

マルボンの舞台を観て、新たなボンバーが増えていくことを願っています。

福島 三郎
SABURO FUKUSHIMA
主宰・作家・演出家

東京サンシャインボーイズ出身。泪目銀座主宰。 とにかく人と遊ぶのが大好きで、常になにして遊ぶかを考えている男。 それが芝居とも限らないのが残念なところである。 2年間の休業をほぼ子育てに充ててしまい、 遊びたくてしょうがなくなって劇団を立ち上げたと、もっぱらの噂である。

野崎 数馬
KAZUMA NOZAKI
俳優

スーパーエキセントリックシアター出身。コントグループ猿王(サルキング)のリーダー。 はなまるマーケットでは、信じられないくらい滑舌の悪いレポーターとしても活躍中の男。 非常に共感されづらいダジャレも持ち味のひとつになっている。 ジャック出身ということもあって肉体派である…

八木 さおり
SAORI YAGI
女優

第4回ミスマガジンのグランプリを獲得。歌手デビューをしたアイドル。 デビュー曲「瞳で片思い」はオリコン20位、三万三千枚を売り上げた、とウィキペディアに書いてあった。 歌手としてはブレークしなかった、とも書かれていた。 お酒をたしなむのが好きで酒宴にはよく登場するが、な…

権藤 昌弘
MASAHIRO GONDOU
俳優

飛ぶ劇場出身。久留米大学で演劇と出会い、「西日本俳優協会」という立派な協会から俳優人生をスタートさせた男。 九州男児というイメージとはかけはなれた容姿で、いつも「大丈夫? 具合悪いんじゃないの? ご飯食べてる?」と聞きたくなってしまう。 実際40手前にして「手足口病」と…

梅里 アーツ
ARTS UMESATO
俳優

なにでデビューしたのか、どうやって演劇界にもぐりこんだのかよくわからない男。 いや、もぐりこめているのかどうかも怪しい男。 たまに一人芝居をやっていて、その時に見せる大物っぷりには目を見張るものがある。 ちなみに「アーツ」というのはもちろん芸名で、どうやら芸術的センスが…

石川 誠也
SEIYA ISHIKAWA
俳優

愛知県出身。役者を夢見て上京したてのところを偶然福島につかまって、なにがなにやらわからぬうちに丸福ボンバーズで舞台デビューを飾ってしまった男。 そういう意味では、丸福ボンバーズ唯一の、生え抜き俳優でもある。まだ一回しか公演をしていないが。勢いで舞台に立っちゃったものの、…

ツチヤ ナナミ
NANAMI TSUCHIYA
シンガー・ミュージシャン

丸福ボンバーズのホームグラウンドであるAPOCシアター、そのカフェにおいて、素敵な料理をふるまっていたところを福島に見初められてボンバー入りさせられてしまった女。 シンガーとしての実力、実績、そしてボンバーたちの胃袋を満たす料理人としての実力、 実績は申し分ないものの、…

橋爪渓
KEI HASHIZUME
女優・シンガー・ダンサー

旗揚げ公演後、野崎数馬氏が出演していたミュージカルに出演していた女優。どうやら、その舞台が初舞台だったらしい。 その公演後の宴席で、福島の隣に座ったがために、ボンバー入りさせられてしまった女。どうやら、野崎氏の企みだったらしいが。 ちなみにその宴席では目の前にいた元宝塚…

藤沢実穂
MIHO FUJISAWA
女優・声優

丸福ボンバーズもお世話になっている猫家落語会の公演に、お手伝いとして現れた。マジックボンバー神尾君の声優学校の仲間というだけで。 この時のあまりもの人の良さにすぐボンバー入りさせられてしまった女。 元々劇団にも所属していた経験があり、その頃、勉強のためピン芸人としてR-…

神尾晋一郎
SHINICHIRO KAMIO
声優・マジシャン

丸福ボンバーズ旗揚げ公演の稽古中に、「よかったら前説とかやりますよ?」と稽古場に現れた男。頼んでもいないのに。 と思ったら、その場で披露し始めたマジックがとてつもなくすごくて、あっという間にボンバーたちのハートを鷲掴みにしてしまった。 結果、旗揚げ公演の前説を見事に勤め…